日々ノ道具奥田金物 日々ノ道具奥田金物

日々ノ道具 奥田金物の成り立ち

私たちのはじまりは古く、江戸時代。
弘化元年(1844年)に藩祖伊達政宗公がその居城を岩出山から仙台に移したころ、町の中心部「芭蕉の辻」に80余店の商家が造られました。代表的な4つの店舗が四角に造られ、そのひとつが奥田金物本店の始まりです。

打刃物・鉄器・銅器の暖簾をあげた当時の店構えは、仙台名所「芭蕉の辻」の図として描かれており、今日の奥田金物店の原点となっています。

「日々ノ道具 奥田金物」は、奥田金物本店の小売部門3店舗目の直営店として2016年11月にスタートしました。「永く気持ちよく、気負わず使える日々のもの」をコンセプトに、食と生活を支える道具の文化を大事に伝えてまいりたいと思います。

店舗情報

忙しない日々の中、つねに「効率」を求めてしまいがちですが、「食」についてはひと呼吸おいて向き合いたい。
毎日のごはんはからだをつくり、心をつくり、力をつくると思っています。

おうちのごはんは親から子へ、伝えられるもののひとつに「味覚」があると思っています。
「母の味」「実家の味」「ふるさとの味」、それはひとつの文化。
そんな思いでつくるごはん。作る道具はちょっと大切に選びたい。

 



日々ノ道具 奥田金物 セルバテラス店
Open 10:00~20:00

〒981-8131
仙台市泉区泉中央1-6-3セルバテラス

TEL:022-380-6020
FAX:022-380-6820

メディア掲載情報


今までに取り上げていただいたメディアの掲載情報はこちらよりご覧いただけます。

また、報道関連、マスメディアの方からの取材はお問い合わせフォームよりご連絡ください。
後ほど担当者からご連絡をさせていただきます。