よっちゃんなんばん (しょうゆ加工品)

4580398780020

650円(税込702円)

定価 650円(税込702円)

購入数

日々ノ道具奥田金物がおすすめする日々ノ食卓のアイテム其ノ一


よっちゃん農場のよっちゃんなんばん。
我が家では塩、砂糖、醤油、味噌に続く主要調味料です。変わりが効かない、重要ポジションの万能調味料。
東北・北海道の郷土料理である三升漬を丁寧に作り、使いやすくした調味料。
「老舗の厳選しょうゆに、無農薬栽培のとうがらし、沢の湧き水で育てた米からつくる自家製米麹をじっくりとねかせて作る自然発酵調味料」
とろっとしてて、醤油をさらに深みを増したテイストに、唐辛子の辛味がほどよくて。発酵調味料なので全てがまろやかに調和されてて深みのある味なのです。

使い方はいろいろ
・豚肉の野菜巻きや豚肉の生姜焼きのお醤油の代わりに
・よっちゃんなんばんとマヨネーズを混ぜてスティック野菜や焼いたお餅にディップ
・ゆでたほうれん草に、よっちゃんなんばんをたらりとたらしてごまと刻みのりをたっぷりと
・肉じゃがの味付け最後によっちゃんなんばんで深みをつけたり
・たまごかけご飯のお醤油がわりに
・チャーハンの味付けに
・シンプルに冷奴に
・お揚げによっちゃんなんばんを塗って、溶けるチーズを乗せてトースターで焼いてお揚げピザ(具材は長ネギや筍など)
発酵の旨味となんばん(唐辛子)の辛味が「旨い辛い」で手放せなくなる味。

無農薬で唐辛子を栽培し、自家製の麹は恵みの沢水で大事に育てた「ひとめぼれ」を原料に発酵調味料の基本となる麹を仕込み、東北こだわりの醤油屋さん醤油に麹をねかせます。そこへ、仕上げのなんばんを合わせ、最後にしっかり火入して味を整えます。これでよっちゃんなんばんの完成

■■■
よっちゃん農場のご紹介
宮城県北部、大崎市岩出山。伊達政宗公の別邸もある由緒あるエリア。その本道から分かれている小さな農道をくねくねと山の中へ。進んでいくと見えてくるのが、茅葺き屋根の母屋と小さな工房、そして広い農園。ここが「よっちゃん農場」の本拠地です。いい雰囲気だべ?風がよく通る沢で、裏の山からは湧き水豊富。それを存分に使って、お天道様のもと、米を育て、畑で汗をながしてます。すべての根本はこの風景です。
「よっちゃん」は、農業の可能性を広げようと農産加工を始めた母ちゃんから。「よっちゃん!」と呼ばれる距離感を大事にしたいという想いで名付けました。農場で育てている作物は、主にお米(ひとめぼれ)と野菜、そして農場の主役「とうがらし(全部で7種類くらい)」。作物はほとんど無農薬栽培で、丁寧に手間ひまかけて育てています。そして、この原料をもとに加工しているのが、おらいの看板商品「よっちゃんなんばん」。原材料になる米麹まで農場仕込み、商品加工も工房で家族仕事です。大事に丁寧に作った自慢の調味料、おためしあれ!
■■■
畑、田んぼ、竹林 すべてを丁寧に丁寧に手をかけ、手入れをして、育てるよっちゃん農場。
丁寧に手入れされた竹林はそれはそれは見事で気持ちのいい空間。
できる作物は美味しく、その加工品もよっちゃんなんばんをはじめ、yosukoというなのタバスコやメンマも美味しいのです。

原材料 しょうゆ(国内製造)、米麹、唐辛子(一部に大豆・小麦を含む)
原料原産地 宮城県大崎市岩出山(麹・唐辛子)
内容量 200g
賞味期限 1年
保存方法 直射日光を避け、冷暗所で保管 
発送方法 常温便
日々ノ道具奥田金物 よっちゃん農場よっちゃんなんばんの画像