長谷園 ほうろく(焙烙)

5,000円(税込5,500円)

定価 5,000円(税込5,500円)

購入数

「煎る」道具

 

伊賀焼の郷『長谷園』のほうろくは、昔ながらの民具です。

ごま・茶葉・塩・コーヒー、豆など焙じる(煎って)ことでその香りが食欲をそそる香ばしい香りがたち、味わいもぐんと深まります。


好みの味わいに煎る


丸い大きな円の部分から焙じるものを入れ、ガス火の上でゆらゆらとほうろく(焙烙)を揺らしながら弱火で煎っていきます。
ほうじ茶なら1-2分、ごまから2分程度、豆は大きさによりますが香りと色とを確認しながら10-15分程度ゆらゆらとほうろくを揺らしながら気長に煎ってください。
入り終わったら、握っている部分のところを下に向け、中身をあけていきます。

ほうろく(焙烙)でゆらゆらと煎る手間がなんとも贅沢で、楽しい時間になります。

ほうろく(焙烙)を毎日の暮らしに⇨こちらのコラムもどうぞ

サイズ:直径12×高さ7cm(持ち手除く)
重 量:450g
対 応:ガスコンロ◎、空焚きOK          
原産国:日本


ガスコンロ:◎
日々ノ道具奥田金物 ほうろく焙烙の画像